くぅ~、届きました!! ホーネット組み立て編2のちょっと付け足し

訪問ありがとうございます。

前回、ギアボックスの組み立て画像と記事をアップしましたが、その際に書き忘れていたことがあったので、自身の備忘録も兼ねて追記です。

スポンサーリンク

グリスの適量は?

ギアボックス内のギアやシャフトにグリスを塗布するのですが、どのくらい塗ればいいのかよくわからなかったので、サーっとなでる程度しか塗布しなかったのですが、不安になって他の方たちのサイトを色々チェックしたところ、結構みなさんモリモリと盛ってらっしゃる(@_@;)

と言うことで、子に「も少し塗ったほうが良いみたいよ」と軽めにプレッシャーをかけたところ、一旦ネジ止めしたギアボックスを再度割って、のっこりと塗りなおしました。

説明書にも塗る量の目安とか書いといてほしい・・・

仮組みは重要です

もう一点は、ボールベアリングも同時に購入していたのですが、灯油のようなにおいがして少しビックリ。

まあそれはいいのですが、こちらは説明書を見ながらはめて、後から「あっ、間違った。ここじゃない」とかなると何回もヌルヌルを触らなきゃならないし、ベアリングにも良くなかろうと思うので、もともとついてたパーツを使用して仮組みを何回かしてからボールベアリングを入れました。

予想通り一発ではよくわからなかった為、仮組みは正解でした。

この辺は、自分も成長したなあ・・・と思うところです。

親が幼少のみぎりには、プラモなんかの組み立て方howtoに「仮組みをしてから」と必ず書いてあったものですが、面倒くさいしそもそもプラモで仮組みしてたらどのパーツがどこのパーツかわかんなくなるじゃん!と思ってたので、やったことありませんでした。

と言う事で、①グリスは多めに! ②仮組みは必ずしましょう! ③ベアリングは灯油の香り

今日はこの三点を皆さんにお伝えしたい。ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク