ちょっと一休み・まさかのその2

こんにちは。

親子でラジコンを組み立て、走行させる様子を綴っていくブログだったはずが、まさかの2回連続でただの思い出話です(しかも本当にただの思い出。所有したことがないのですから・・・^^;)。

※今回の記事に出てくるファルコン、サムライ等は著作権フリーの画像を見つけることが出来なかったため、ほとんど文章のみですが、興味のある方は検索してもらうと簡単に画像は見つけることが出来ますので、是非探してみてください。

スポンサーリンク

東京マルイ ヒロボーのラジコンたち

こうして思い出しながら語っていく中で、ネットで画像を検索していると結構、懐かしい機種をオークションで購入されていたり、大事にされている方達のサイトを発見できました。

その中で、忘れていた機種の名前も見つけて、次々と思い出してきたので語らずにはいられなくなったのです!

と言うことで、この辺は極めて薄い内容ですが、親と同年代の方なら必ず覚えているはず。

タミヤ、京商、ヨコモと言ったメーカーとは一線を画していると言うか、ブームに乗っかったメーカーと言うか、でもレベルの高い走りをしていた(らしい)東京マルイのサムライ、ニンジャ、ヒロボーのゼルダです!

正しくはザ・サムライ、ザ・ニンジャ(笑笑笑)ですが、どちらもスタイルが素晴らしかった!

特にサムライはホットショットを更にかっこよくしたというか、京商のマシンの様なスリムなスタイルがとてもかっこよかったです。

そして次に出たニンジャ。このネーミングのセンス、サムライと来てニンジャとは幼心にも「やるなあ」と感じていました。

しかもサムライは直線基調のデザインだったのに対して、ニンジャは流線型のボディ。このシリーズ展開の仕方にとてもセンスを感じました。

ただ、当時の親のバイブルであったコロコロコミックでは、あまり大きな扱いは無かった為、それ以上の印象と言うのは特になかったのですが、ネット上で見てみると走りは決して悪くなかったようです。

さすが東京マルイ、クオリティが高いんですね。

そして本当に今さっき、サムライ、ニンジャの画像を検索していたら、ショーグンと言う名のマシンを見つけました!

親はこのマシンは知りませんでしたが、折角サムライ、ニンジャと来てショーグンかよ?て感じですな・・・スタイルは良いのですが、ショーグン・・・それだったらイエミツでも良かったんじゃね?とか思ったり(^^)・・・・・・・失礼。

気を取り直してというか、ヒロボーのゼルダ。

こちらはニンジャ、サムライよりも更に印象は薄く、割とかっこいいけど、ヒロボーてどうなの?て感じでした。

2回に引っ張った上で、この程度の扱い、本当に申し訳ない<m(__)m>でもゼルダも走りは悪くなかったらしいです。

それよりもゼルダと言うと、ガールズバンドの方が真っ先に頭に浮かぶ親でした(^^ゞ

ZELDA

タミヤのバギー

そして最後は、なんだかんだ言ってやはりタミヤ!

ホットショットやホーネットなどについては、以前に想いを語っていましたが、ネットで色々情報を探るうち、記憶の隅で忘れてしまっていた懐かしいマシンの名を見つけました。「フォックス」と「ファルコン」です。

実は、この2機種の事についてどうしても語りたくて、一人語りを始めたのです。

先に「フォックス」をネットで見つけたのですが、そう言えば当時はとても欲しかったなーと思い出しました。

(この記事の後、フォックスはノバフォックスの名で再販されました)

たしか、コロコロコミックではホーネット、グラスホッパー、ホットショットの記事が多くフォックスは殆ど見かけなかったような気がするのですが、コロコロ上の広告で見た時にスリムなスタイルと鮮やかなカラーリングに一目ぼれでした。

それに、これはファルコンにも言えるのですが、タミヤ独特の潰れたというか、ひしゃげた様なボディじゃない!

そしてファルコンもやはり欲しかったマシンの1つだったことを思い出しました。当時は、京商ペガサスに少し似ているようにも思っていました。

そして今、改めて見るとファルコンと言う名が本当にピッタリなスタイルでビックリしました。

当時は鮮やかな黒と赤、そしてアクセントの黄色に目が行ってましたが、今見ると本当に隼(=ファルコン)そのものです。

黒の部分が隼の頭部全体または口ばしを表しているようでもあり、黄色のダンパーが口ばしを思わせるように見えるときもあり。

本当に見事なボディーラインとカラーリングです!やはり年齢を重ねると、ものの見え方もかわってくるのかなと思いました。

またフォックスも然り、ボディ先端に行くに従って絞られており、細長くて低いスタイルは狐の頭部を思わせます。

その当時は全く考えたこともなかったと思うのですが・・・でもそのように考えてみると、グラスホッパーもその名の通りの外見ですね。

その他にも忘れちゃいけない、スーパードラゴン等のドラゴンシリーズもありましたが・・・いい加減、この辺でやめときます(^_^;)

(ドラゴンシリーズはミニ四駆では全てリリースされているのですが、ラジコンでは何故かファイヤードラゴンだけのようです)

次回からはまた組み立てに戻りますので、宜しくお願いします。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ウイリス より:

    懐かしいヴィンテージラジコン話しいいですね(^-^)v私は32年の時を経て今年から本格的に電動ヴィンテージバギーを再開しました(^o^)毎日ラジコンで頭の中が一杯ですよ‼