グラスホッパー組み立て編スタートします!

こんにちは。

突然、ブログのトップページを変更してそのまま音沙汰なしでしたが、タイトルの通り今日から暫くはグラスホッパーの組み立てに入りたいと思います。

ホーネットの組み立てを見ていてくれた方には大変、申し訳ありませんでした。

なかなか組み立てが出来ない状況になってしまい、このままだといつ完成~走行できるかわからなくなりそうなので、断腸の思いでグラスホッパーの組み立てを行うこととしました<m(__)m>

当初、中学生である子との共通の趣味を持ち、一緒に過ごす時間を作ろうとの思いからラジコンを始めることとしたのですが、目論み通り過ごす時間が増えた為なのかどうか、子の本分である学業がとんでもない状況になっているのが見えてきてしまいました・・・!

そのため、勉強の時間を増やした→ラジコンの時間ないよ・・・という状態になってしまったのです。

そういう状態である子を差し置いて、親のグラスホッパーの組み立てに入るのはとても悩みました。

後から始めた親の方が、先に完成した姿を見せられたら一気に熱が冷めるのではないかな・・・?等とも思いましたが、仮にグラスホッパーが先に完成しても子のテンションを下げすぎないように、走行は二人で同時に行う事にしようと決め組み立てに入ったのです。

という訳で、前置きが大変長くなりましたがグラスホッパーの組み立て編スタートです。・・・が!!例によって開封の儀の様子を実況します!

2013-05-10T02-01-44_0

ホーネットの時も同じ事を思ったのですが、今見ると意外と小さい印象です。

きちんとシャーシにタイヤを取り付けて、ボディを乗せればまた違うのかもしれませんが。

逆に初めてラジコンを見た小学生当時は、その大きさにビックリしたものです。

RCカー自体、コロコロコミックでしか見たことがなく、なんとなく自分のイメージを持っていたものの、想像を遥かに超える大きさでした。

またキットの箱の大きさにも驚いたものでした。

親はスケールモデルのプラモは苦手で、またガンプラ世代でしたのでガンプラのスケールが基準ですが、小学生が買えるのは1/144か1/100がいいとこでしたし、大概のプラモはそれらと同じくらいの大きさの箱でしたが、ラジコンの箱は小学生には抱える事が出来ない位の大きさでしたから。

そして今回はキットとプロポは別で購入しました。

2013-04-24T23-18-08

先のホーネット購入、組み立ての際のアンプの取り付け時の反省を活かし、タミヤのものを購入しました!

最近はホイラータイプ(?)が主流の様ですが、親の頃にはスティックが主でホイラータイプはちょっとお高かった気がするのですが・・・

フタバのアタックプロポというスティックタイプの物が憧れでした。

アタックプロポ・・・名前がカッコいいですよね?カッコいいですよね?

今回は画像のキット、プロポの購入だけでベアリングの購入は見合わせました。

実はホーネット購入後、放電器を追加で購入しましたし、今後ボディ塗装のための塗料も必要になるので、お恥ずかしい話、予算的に厳しくて・・・

と言うわけで、前置きはここで終わりで、いよいよ次回からグラスホッパーの組み立てをアップしていきます。どうぞお楽しみにお待ちください。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク