グラスホッパーの組み立て・1ギヤボックスの組み立て~

こんにちは。

なかなか予定通りにいかないこのブログ、お付き合いいただき有難うございます。今回は予定通り、グラスホッパーの組み立てをアップしていきます。

2013-05-11T02-30-32_1

まずはパーツの確認です。

既にシャフトにギヤをはめた所が写ってますが、気にしない気にしない(一休さん調)。

ホーネットの組み立ての際にも書きましたが、プラモもラジコンもパーツを探すのに手間取る・・・

今回も一応、一通り説明書を見ましたが前半部分はホーネットとほぼ一緒。

それもそのはず、このグラスホッパーとホーネットはシャーシは共通との事ですから。

これは大分早く組み立てが済むのではないか・・・?とタカをくくってましたが、やっぱりパーツを探すのが大変・・・

だっておかしくないですか?!下の画像を見てもらえば分かりますが(見難くて申し訳ありません)↓↓↓

2013-05-11T02-30-32_0

BDとかBBとかって書いてるのに、袋には「B」や「D」ってしか書いてないんですよ?!

まあそれでも、見ればわかるけどさ・・・とか思いながら工程1~2です。

とりあえず、ホーネットとも全く同じギヤボックスですが、手順を再確認する為仮組みしてみます。

2013-05-10T02-01-44_5

二回目なので、一発でうまくいきました。次はグリスアップをして本組みします。

2013-05-10T02-01-44_9

2013-05-10T02-01-44_11

ご覧の通り、前回の反省を活かして今回はグリス塗ったくります!

実際、初めてなので適量がわからないんですよね。どの位塗れば、どの位持つのかとか、どの位の頻度でメンテが必要なのかとか。

なので気持ち、多めに塗ってみました。今後、走行後に検証をしてみたいと思います。

こちらにもグリグリ。

2013-05-10T02-01-44_12

もうグリグリと言うより、乗っけてます。

2013-05-10T02-01-44_14

そしたらグリスアップしたほうは一旦、部品の入っていた箱に引っ掛けておいて、もう片方をグリグリ。

ここは以前、ホーネットの時にも書きましたが、ギヤが抜け落ちないないように合わせるのが少し大変。

2013-05-11T02-30-33_7

ギヤボックスを合わせたらビス止め、シャフトの先端にもグリスがついているので、箱にひっかけて置いておきます。

2013-05-11T01-23-23_9

ここまできて初めて気付いたんですが、はじめからシャフト全体にグリスを塗らないで、↑の画像の状態にしてからはみ出てるシャフト部分にグリスを塗ったほうがいいかもしれません・・・

やっぱりそういう細かい所は経験値が活きてくるところなんでしょうね。

二回目の組み立てを終えて、この記事を書いていてやっと気付きました。

・・・と、こういう発想がすぐに出てこないあたり、自分は頭の回転が鈍いんだろなぁ・・・とヤな気分の再確認をしてしまったので、唐突に今日は終了です(-_-;)

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク