グラスホッパーの組み立て14・配線の取り回し

こんにちは。前回の終わりに、次回で組み立ては終了と言っておりましたが、まだ結構やり残しがありましたので、2回位にわけてお伝えしたいと思います(^_^;)

早速ですがグラスホッパーの組み立て4 ステアリングサーボの取り付け、ESCの取り付けで後回しにしていた配線の取り回しを行います。

スポンサーリンク

ESCの配線・取付け

photo-53

バッテリーを取り付けて・・・

photo-51

photo-52

いきなり結果ですが、ESCは図の位置に取り付けました。

バッテリーのコネクタやモーターからの線が一番絡まらなさそうな位置を自分なりに色々、試してみるしかないと思います・・・

て、最後の最後まで引っ張った割りにこんな結果で申し訳ありませんm(__)mただ、ひとつ気になったのが↓です。

photo-50

photo-68

バッテリーの線が思いっきりサーボに当たって折れているんですよね・・・

バッテリーを外してみてもやはり、くっきりと線に凹みがついていました。

そのうち断線するんじゃないかと不安なのですが、どうなんでしょう?

まあでも悩んでもここは構造上、どうしようもないところですから見なかったことにします。

それと、説明書ではアンテナは左側から出すようになっているのですが、親の配線の取り回しだと届かないので右側から出すことにしました。

photo-70

付属の結束バンドでアンテナパイプを固定しました。

見た目、結構ゴチャゴチャしています(^_^;)ドライバーも窮屈そうです。

と言うわけで、唐突ですが今回はここまでです。そうです、眠いんです・・・

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク