ホーネット組み立て編14・ステアリングの調整

こんにちは。

前々回にお伝えしたとおり暫く悩んだ箇所、説明書では25のステアリングの調整です。

が、多分、親の環境でたまたま起こったことだと思うので、ホーネット作製時の固有のトラブルという事では全く無いです。

20140901_164858060_iOS

前輪が随分と角度がついてますよね。プロポの電源を入れた時に前輪が「ウィッ」っと動くというグラスホッパーの時の経験上、電源を入れてからステアリングロッドの調整をしたほうが良いのかな?と素人なりに考えました。

そこでバッテリーを繋いで電源を入れたところ、「バシッ」とか言って、前輪がヘロヘロになってしまいました・・・?

あまりのショックに画像を取り忘れて、子と二人で「何だ?!」なんて言いあっていたのですが、何故かステアリングサーボの中心のビスがはじけ飛んでいました??

そのため、ステアリングロッドがガタガタになったので前輪がヘロヘロになっていたのでした。

とりあえずパーツの損傷は見られなかったので、サーボへビスを再度取り付けて気を取り直してもう一回、電源を入れたところ「ウィッ」となって、上記の画像のように随分と随分な角度がついて、更にプロポに全く反応しません・・・(T_T)

全く理由がわかりません。途方に暮れました。

この絶望感、その後4~5日間続きます。

このトラブルも続きます。

ではまた(T_T)

スポンサーリンク
スポンサーリンク