グラスホッパーのステアリング調整とバッテリーの配線取り回しについて2

thumb_IMG_4839_1024

こんにちは。

前回に続き、まっすぐ走らなくなったグラスホッパーのステアリング調整を行います。

スポンサーリンク

説明書はよく読みましょう・・・

自戒の念を込めて・・・m(_ _)m

他の方に教えて頂いた事を何度も読み返しました。「サーボにサーボホーンを付ける前に、プロポとメカの両方の電源を入れてプロポのトリムをセンターにしてからから付けると楽ですよ。」

・・・トリムって何???

なんか見たような覚えもあるな・・・てことで、なんと初めてプロポの説明書を見ました。三回くらい読み返しました。

で、改めてプロポを見たところ・・・なんじゃこりゃ!

thumb_IMG_4836_1024

こりゃ、真っ直ぐ走る以前の問題ですよね。皆さん、呆れてるんじゃないかと思いますが、良いんです!私のような初心者の方に優しいプログを目指してますから!(強がりじゃないですよ、えぇ)

・・・恥ずかしい(;_;)

・・・まあ気を取り直して、調整にかかります。

thumb_IMG_4839_1024

テーブルに置いて垂直をみながらビスを締め付けようとしたのですが、これがなかなかうまくいきません。上の画像の通り、かえって変な方向に向いてしまいました・・・しかたないので、手で押さえつけながら「真ん中かな?」っていう大体の所で良いことにしました。

あとはもう、実際に走らせてみるしか確かめる術はないと思うので、元の通りに取り敢えず組み上げました。

バッテリーの配線取り回し

次はバッテリーの取り回しを行います。

これも正直、あまり自信がなく何度も色々とやってみました。

thumb_IMG_4823_1024

箱を見て、やっぱりこういうことなのかな・・・?と思いながら実際に取り回してみました。

thumb_IMG_4834_1024

「サーボの右側を通す」と教えていただいたので、多分これで合ってるんじゃないかな、と・・・。

あとはいよいよ、走行するだけ!

他に手を加えたのは、画像では殆ど見えませんがアンテナを説明書通りの場所から出せるように、メカの場所を変えました。

前回走行した際に、マシンが転倒したところへちびっ子がアンテナを持って引っ張って直そうとしたため、アンテナパイプが抜けてしまったのです。

ビニタイで締め付けて固定していたので、元に戻すのが面倒なのでメカを移動しました。そもそも何故、ビニタイで締めなきゃならないような場所へ取り付けたのかも覚えていないのですが^^;

取り敢えずこれで不安材料と言うか、気になっていたところは全てクリアになったのであとは走行させてみるだけです。次こそはホーネットと一緒で・・・

というわけで次回はホーネットを完成させたいと思います。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. よこちぃ より:

    zyuuzouさんこんばんわ!
    ご無沙汰しております~。

    サーボの調整お疲れ様です。
    サーボの取り外し大変でしたね。
    これで無事に解決ですね!(^^
    いよいよ走行!楽しみにしております!(^-^

    • zyuuzou より:

      よこちぃさん
      こちらこそご無沙汰しておりました^^;

      早速見て頂いてコメント頂き、ありがとうございます。
      教えていただいたので何とか出来ました。本当に有難うございますm(_ _)m

      早く走らせに行きたいです!