ウニモグ(cc-01シャーシ)の組み立て6〜フロントロワアーム、アップライトの組み立て〜

IMG_8465 のコピー

こんにちは。

例によって、またまた長らく沈黙を続けておりましたm(_ _)m

今回はフロントロワアームの取付け、アップライトの組み立て、アップライトのシャーシへの取付けを行っていきます。

説明書では「10〜12」の工程です。

スポンサーリンク

フロントロワアームの取付け

トップ画像の通り、前回既にフロントロワアーム自体は取付けていましたが、その他のシャフトの貫通する部分(?)の取付けが残っていましたので、まずはそこから。

img_9542

「MB12」というパーツに、画像の様にグリスを塗ったくります。

このパーツは長い棒が出っ張っているオスのものと、くぼみのある「MB13」というメスのパーツがあります。

オスは、シャーシを上から見た時に左側から入れます。

そしたら「9」の工程で、ピローボールにはめていたサスアーム部品「D1」をネジでフロントロワアームに固定して完了です。

アップライトの組み立て

次は「11」のアップライトの組み立てです。

img_9543

画像は、黒い「アップライト」というプラスチックパーツに「MA13」というピローボールを付属の工具で固定し、「MB8」という金属パーツをはめた状態です。

アップライトは向きがあるので、左右を間違えないようにします。

img_9544

そしたら「MB14」という金属パーツをグリスアップをしてから、アップライトの中に入れます。

そしてさらにMB14の中に「MB9」というゴム製のOリングを入れるのですが、指で入れようとすると縦になってしまって、うまく入れれないので画像のようにピンセットで入れます。

img_9545

img_9546

そしたら平行に挿入できるように、軽くピンセットや「MB11」のドライブシャフトで、更に奥に押し込みます。

アップライトの取付け

先程、組み立てたアップライトをシャーシに取付けます。

img_9547

その前に「MB11」ドライブシャフトの両端のボール部分にグリスを塗ります。

img_9569

取り付け完了です!!

img_9571

メカメカしい感じにソソります(^^)

当たり前ですけど、これまで作成してきたグラスホッパーやホーネット等のバギーとは、構造が全く違います。

逆に二駆であるCW-01のウニモグは、どういう構造になっているのか?等も気になってきますね。

ところで、今回のウニモグは私が組み立てを行っていますが、両手で作業している画像が何枚かあったのにお気づきでしょうか?!

実は、小さい子に撮影をお願いしていました!!

小さい子から「いつトラックのラジコン走らせれる?」と急かされており、じゃあパパに手伝ってと言ったら、撮影をしてくれました。

すぐに飽きたようで、数は多くありませんが・・・(^_^;)

でもタイトルの通り、「親子でラジコン」になってきて良かったなーと。

しかも以前までは長男、長女でしたが、今回からはちびっこにバトンタッチして続けることが出来ています。

ホーネットやグラスホッパーの作成当時は、小さい子にはまだ手伝ってもらうには早すぎて、小さい子が寝静まってから組み立てを行っていたのも懐かしい思い出です(^^)

でもウニモグが完成したら、走行はみんなで行きたいなー、なんて考えております。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク