番外編・親子でミニ四駆〜マンモスダンプ〜

img_1374

こんにちは。

暫くは、子のミニ四駆シリーズです(^^)

しかし、ミニ四駆の中でも比較的異色と言える、ワイルドミニ四駆シリーズのマンモスダンプのご紹介です。

非常にコミカルな車体ですが、このボディを他のシャーシに載せてレースに参戦する豪の者もいるそうです!!

またラジコン化して、スマホで操作するキットも発売されているようです^^;

これはキットをただ組んで、付属のステッカーを貼っただけですが、それなりに見栄えも良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ワイルドミニ四駆とは

初代は1987年5月から発売されているそうです。

四駆の構造が、他の一般的なミニ四駆とは全く違います。

モーターは車体の中央にあり、対称的な配置のギヤで前後に分配しているギアトレーン式というものです。

そして、もっとも大きな特徴は、大きなタイヤではないでしょうか?

その大きなタイヤは、やはり他のミニ四駆シリーズとは違い、中空タイヤです。

因みにダンプ以外にも、こんなのもあります。

タミヤ ミニ四駆シリーズ No.13 ランドクルーザー1990年 19013

なぜ突然、このような毛色の違うものを購入したのか・・・?!

実は、ウチにはちょくちょくこのブログにも登場する「小さい子」の下に「もっと小さい子」がいるのです。

子も娘も小さい子も、更に私もミニ四駆を所有していますから、当然もっと小さい子も欲しくなりますよね。

以前の動画にある、コースの置いてあるお店でキットも沢山有るため、もっと小さい子に選ばせた所、なぜかこれが琴線に触れたようでした^^;

マンモスダンプの組み立て

身も蓋もないんですが、正直、他のミニ四駆と同様にご紹介するまでもないです^^;

たまたまですけど、親も子たちもそれぞれ皆、違うシャーシを選んでいたため、「ミニ四駆と一口に言ってもこれだけ違うんだなー」というのはありました。

特に、このマンモスダンプは全く違います。

先ほど、ご紹介したとおりですが、

img_6533

この様に、ギヤの構造が全く違います。

img_6525

いきなりですが、運転席のパーツです。

これがとても外れやすいんですよ(T_T)

トップ画像も、実は後から気づいたんですが、運転席がない状態なんです。

img_6530

単にこのフロント部にはめるだけなので、簡単に外れちゃいます。

後から取り外すこともないので、接着剤で固定しても問題ないと思います。

正面の「TAMIYA」がお気に入りです(^^)

img_6534

画像はスイッチ部です。

ご覧のように、組み立て済みです。

img_6539

それを、この様にシャーシにはめるだけですね。

因みに、このスイッチは非常に狭い所にあってオン・オフがやり難いのですが、それに加えてこの個体はメチャクチャ固い!!

まあ多分、個体差だと思いますが・・・

マンモスダンプの走り

Wikipediaによると

スピードは室内やオフロードで走らせるには非常に丁度良いものとなっている。

と書かれていますが、親の感想としては速すぎます。

もう少しゆっくりと走ってくれたほうが、面白みが増すと思います。

なので、コースである程度走らせた、他のミニ四駆のお古の電池をとっておいて、その電池を使って走らせるとちょうど良い感じです。

中空タイヤのため、散らかっていてひどい有様のわが家でも、グングン乗り越えて走っていくので笑えます(^^)

因みに前に紹介したコースは、物理的に無理です。

立体交差の部分で、トラックの荷台が突っかかって、進めなくなります^^;

公式レースはレギュレーションにそぐわないので、やはり参加できません(ボディの使用はOKなので、他のシャーシを使用するなら大丈夫です)。

という訳で、主に室内でその辺を走らせて楽しむ、というのが主になると思いますが、結構楽しめると思います。

近々、娘のエアロアバンテも含めて動画をアップしたいと思いますので、しばしお待ちを・・・

という訳で、ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク