ミニ四駆マンモスダンプの走行動画

こんにちは。

以前にマンモスダンプの記事をアップしていましたが、実は組み立てたのは記事のだいぶ前でした。

初めは子供達とキャッキャッしながら遊んだマンモスダンプですが、最近放置していたところ、スイッチを入れても電池を換えてもうんともすんとも言わなくなりました・・・(涙)

スポンサーリンク

マンモスダンプが突然動かなくなった

電池を換えても全く動かないので、とりあえずバラしてみた所、画像はありませんが電池ボックスの接点が真っ白くなっていました(・・;)

そのため、接触不良を疑い接点をヤスリがけして綺麗にしてみました。

しかし、やはりうんともすんとも言いません。

しばらく考え込み、手でタイヤを回してみると全く回りません。

理由はわかりませんが、ギヤボックスに異常があるようです。

そのため、観念して全バラしてみる事にしました。

ちょっとピンボケで見にくいですが、室内でしか走らせていませんから、特に埃の付着などはないようです。

グリスがギヤの形に残っている程度です。

ギヤボックスの反対側です。

こちら側はあまりグリスが残っていませんが、汚れというほどの汚れはありません。

ただ、他のミニ四駆もそうだったのですが、上の画像にある水色のギヤ(ピニオンギヤ)が走らせているうちにずれてきてモーターのギヤと噛み合わなくなる事があります。

そうなると当然、走りません。

しかしそのような状態であれば、モーターは回るけれどタイヤが回らないという状態になります。

今回、マンモスダンプはタイヤそのものが回りませんので、ギヤの噛み合わせでもなさそうです。

とりあえず、中のギヤを全部取り出すと、カラッカラに乾いており、全くグリスが付いていませんでした。

取り外したギヤにグリスを塗ったくって、そのまま元の様に組み付けました。

そうしたところ・・・

動きました‼︎

あまりの嬉しさに、動画も撮影してみました(^ ^)

以前にご紹介したオーバルホームサーキットを走行させてみましたが、立体レーンチェンジで荷台がつっかかって、完走できませんでした・・・(涙)

でもその辺に置くと、ちょっとの段差ならぐんぐん乗り越えて走っていって、壁にぶつかるとそのままひっくり返ったり・・・子供と一緒に見ていると、笑えます(^ ^)

それにしても、なぜタイヤが回らなかったかよく原因がわからなかったのですが、こういう時の為にも、説明書はとっておくべきですよね。

とりあえず、また走る様になったのでめでたしめでたし、でした(^ ^)

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. かっつん より:

    お久しぶりです。
    私もこの3連休で部屋の整理をしていたところ、ミニ四駆のマンモスダンプが出てきたので弄ろうと思っていたところでした。
    走らなかったのは電池ボックスのスイッチの接点やモーターへの接点も気になるところです。

    アバンテ購入されたんですね。
    良かったですね~

    • zyuuzou より:

      かっつんさん
      ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
      マンモスダンプお持ちだったんですね(^ ^)
      レーサーミニ四駆とは違い、ただ走らせてもなんか面白いんですよね。

      アバンテとうとう購入してしまいました。
      まさかこんな日が来るとは・・・と言った感じで、感無量です。